日本はお金の勉強をする機会がない。義務教育に入れても良いのでは。。 - ほったらかし資産運用

ほったらかし資産運用は2014年8月2日にブログを移転しました。
以降の記事に関しては新ブログをご覧ください。

ほったらかし資産運用

日本はお金の勉強をする機会がない。義務教育に入れても良いのでは。。

日本で全く勉強しないこと。
それはお金の勉強です。

私自身も、小中高ではお金なんて全く勉強してきませんでした。
大学では商学部ということもあり、ここで初めて「お金とは?」ということを
学びました。

もし、大学で学んでいなかったら、社会人になった今でもお金のことは全く学ばずに
生きていたでしょう。

元来、日本はお金に対して「汚い・はしたない」という印象があり、
お金について学ぶことはタブーと言っても過言ではない状況です。

社会人になって感じたことは「お金を知らないことは怖い」ということです。

良くわからない投資話や金融商品などに投資をして騙される人はたくさんいます。
もし、ちょっとお金の知識があれば、騙されることは少なくなります。

また、充実した人生において、お金の事を切り離すことはできない感じています。

成長期にあった一昔前の日本であれば、投資をしなくても給料は伸び裕福になってきました。
これが、日本人の中にある「お金がなくても幸せになれる」という考えの中心にあるのではと思います。

しかし、現在の日本は、ほぼ成長がない国です。
もちろん給料の伸びもわずかで、ほっておいてもお金が増えるということは期待できません。

一昔前の「正社員で働いていれば、持家で一家が幸せに暮らせる日本」は
今ではごく一部の人しか享受できません。

日本のお金に対する気持ちを変えていく必要があるのではと思います。

ではでは~

関連記事


現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 人気ブログランキングへ

更新情報を配信しています
follow us in feedly

タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ほったらかし資産運用 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます